楽器を売る時の注意点

付属品を揃えておくこと

楽器

学校のブラスバンドに所属していた場合、卒業と同時にサックスが不要になることがあります。また、バンド演奏などでもサックスからギターに変わったりすると、処分に困る場合があります。まだ演奏できる楽器などは、有効活用するためにも楽器の買取専門店に売却するのが一番です。サックスを買取店に持ち込む前に、きちんと音が鳴るかどうかをチェックする必要があります。音程が整っていれば買い取ってくれますが、狂っている場合でも値段は下がりますが買取可能です。またサックス本体に傷がついていたり、変形していると買取店での査定も低くなります。将来的にサックスを売却するつもりなら、普段からの保管状態に気をつける必要があります。サックスを楽器買取専門店に売却するには、本体だけでなく付属品も揃えておくことが大事です。購入した時の保証書や説明書、収納するバッグなどです。バッグは規格があるので付属品として付いていると、高く売ることができます。サックスを売却したい時は、まず買取専門店をネットで検索します。ホームページを見ると買取査定額が出ているので、最も高く売れそうな買取店を選んで直接電話をしてみます。お店の対応によって気に入った所を選ぶようにします。自分で持ち込める場合はあらかじめ電話で予約をしてから出かけます。もし遠方の店なら、宅配便で送ることもできるかどうかチェックします。その場合、送料は自己負担なのかどうかなどを確認します。現金で支払うのか、後日の振込なのかも確認する必要があります。

業者により異なる手段

マネー

使用しなくなったサックスは処分するのではなく価値がつくケースが多いので買取依頼に申し込みをしてみましょう。買取可能な業者はいくつかありますが、業者によって販売手順が変わってきます。中古品として店頭販売するショップではサックスを持参すればその場で査定してもらうことができます。場合によっては出張査定を行っているショップもあります。楽器専門店などでも買取している場合がありますので、インターネットでチェックしてみましょう。最近増加しているのが店舗を持たないショップです。ネット上でオークションや取引によって販売する方法をとっている中古業者もあります。サックスは新品で購入すると高額ですからあえて中古品を狙っているという方もいます。また、実際には演奏しないけれどもインテリアとして飾りたいという方もいます。ですから、中古品も十分需要があるのです。店舗を構えていないショップでは基本的に宅配か出張で査定を行います。人件費を抑えている分、高額買取が期待できる場合もあります。その反面、買取のルールやマナーを知っておかなければトラブルになってしまうケースもあるので注意しましょう。サックスの査定を宅配や出張で依頼する際には料金が発生する場合もありますから確認しておきましょう。また、査定時にはできるだけサックスをきれいな状態にしておくことをおすすめします。状態も査定額に影響していきます。ケースなどの付属品もあると更に買取額がアップします。

楽器を売る時の手順とは

楽器

楽器はメーカーや型にもよりますが、新品で購入すると何十万円、何百万円かかるものもあります。しかし中古品であれば、格安で購入することができるので、楽器を中古の専門店で購入するという方もいます。逆にいうなれば、使用した楽器も価値があるということです。楽器の中でもサックスは特に人気ですので、買取してもらう際にも高額な金額がつく場合があります。サックスを買い換える時などは、是非買取依頼を行ってみてください。サックスの買取はメーカーや型、サックス自体の状態によって価値が決まってきます。また業者によっても査定方法が多少異なりますので、同じサックスを査定に出したとしても業者によって査定額が変わってくると思って良いでしょう。高額買取を希望するならば査定の時点で一緒の業者に絞り込むのではなく、いくつかの業者に査定を依頼するというのも方法の一つです。買取の流れとしてはまず、業者にサックスの価値を調べてもらうためにも、査定を行うのが一般的です。店頭査定や出張査定など買い取り業者によって査定の手順が異なりますので、直接業者に連絡をしたりホームページを見て査定の方法を調べてから申し込みを行ってください。査定を行う時には、専門スタッフがサックスの状態をくまなく調べ価値を判断します。当然鑑定するスタッフによっては多少金額にばらつきが生じますので、その点についても頭に入れておいてください。査定金額に不満がなければ、そのまま買取してもらうことが可能です。