手順や流れ

査定から始めよう

考える人

サックス専門に買取を行っている業者もあれば、楽器専門、中古品を扱っているリサイクルショップなどもあります。どこで買取してもらうかによって同じ商品でも買取価格に差が出ます。まずは査定から始めてみましょう。インターネットで調べればサックスを買取してくれる業者を簡単にピックアップできます。その中でも実際に利用してみた人の評価の高い業者へ査定を依頼してください。査定を行うときには気を付けなければならないことがあります。まず店舗がある場合は直接店舗へサックスを持参して査定してもらいましょう。この際には特に費用は掛かりません。無料で行えます。そのほかにも宅配査定や出張査定があります。宅配査定は業者に依頼すると宅配キットが送られてきますから、自分で梱包して業者へ送ります。そして査定を行ってもらって金額に満足いくものならばそのまま買取手続きを行えばOKです。この際には無料で行えることがほとんどなのですが、仮に金額に満足がいかなくて買取をしないとなった場合サックスを送ってもらうのですが、着払いになり自己負担になるケースがあるので注意しましょう。出張査定に関しても同様です。買取手続きを行わない場合は出張費が加算されることがあります。料金トラブルのないように依頼する前には必ず確認しておくべき事柄です。サックスはメーカーなどにもよりますが高額で買取してもらえることが多い楽器のひとつです。破損していてもジャンク品としての買取が可能な場合があります。

付属品の価値

貯金箱

楽器は本体だけではなく、付属品に関しても状態によっては買取を行ってもらうことが可能です。サックスを売るときも、マウスピースやケースだけを単体で買取依頼することも可能です。またサックスだけを売るのではなく、マウスピースやケースなどの付属品も合わせて買取依頼を行うと、査定額がアップすることが多いでしょう。買取するためには、まずサックスや付属品に価値があるかどうかを調べるために査定を依頼します。楽器専門に扱っている業者もありますし、大手のリサイクルショップなどでは様々な中古品を販売しているので、サックスも買い取りしてもらえることがあります。業者が決まったら、まずは査定を行います。査定の方法は、基本的に3つに分かれます。スタンダードな方法としては、直接店舗へ持参して査定してもらう方法です。しかし近くに店舗があるとは限らないですし、サックスを持参して査定してもらったとしても、買い取りが出来ない場合はまた持ち帰らなければなりません。楽器の買取を行っている業者では、演奏できるサックスであれば高い確率で買取が可能になるので、よほどのことがない限りは大丈夫でしょう。店舗を構えてない業者や近くに専門業者がない場合は、出張や宅配サービスを実施している業者に査定を依頼してみてください。出張サービスは鑑定士が直接自宅に来てくれるので、場合によっては交渉することもできます。宅配に関しても宅配キットを業者から送ってくれるので、料金がかからない場合が多いでしょう。

売却する前に査定しよう

マネー

処分に困った楽器は、専門の買取業者に引き取ってもらうことが可能です。例えばサックスの場合、本体のみならずマウスピースやケースなどの付属品も引き取ってもらうことが可能です。サックス買取を希望する場合、まず最初に無料査定を申し込みます。そこで買取価格が提示され、それに同意すれば契約が成立するという仕組みです。もちろん、査定額に満足できない場合は契約せずに他の業者に移ることもできます。サックスの買取サービスには店舗に直接持ち込む方法と、指定されたケースに詰めて送付するという方法があります。直接店舗で見てもらう場合にはその場で査定額がわかるため、すぐにサックスを売ってしまいたいという人に適しています。対して送付する場合は日数を要しますが、自ら出向く必要がないため時間がないという人や人目が気になるという人に最適です。この場合は、事前査定のために現物の画像をメールに添付して送信する必要があります。自分の希望する額で売りたいという場合は、インターネットオークションを利用するという方法があります。あまり相場とかけ離れた価格をつけてしまうことを防ぐために、事前に買取業者の無料査定を利用して大体の価格を知っておくようにします。それを踏まえた上で、希望する価格をつけてインターネットオークションに出品するだけです。送料や手数料は必要になりますが、実際の業者に売るよりも高額になる場合があるため最近ではこういったインターネットオークションを利用してサックスを売る人が増えています。