相場を知ってから手放そう

種類よりもメーカーで差

音楽

一度は手にしたいと思っている人が多いサックスは、さまざまな種類があり、ソプラノ・アルト・テナー・バリトンと音の高低によっていくつかに分かれています。買取に出した場合は、サックスの種類よりもメーカーによって価格に差がつくことが多いです。例えば、YAMAHAはさまざまな楽器を販売している大手メーカーであり、よく知られている会社なので知名度は抜群ですが、約4万円から約20万円の間で買い取られています。また、海外の楽器メーカーとして知られているセルマーのサックスには、国内製品と輸入製品の両方があるため、買取に出すときはお店を選ぶ必要があります。その理由は、お店によってセルマーの輸入製品は買い取っていないところもあるからです。セルマーの国内製品の買取相場は、約4万円から約20万円弱の間です。そして、サックスの本体が上質な製品であることで知られているヤナギサワのサックスは、約7万円弱から約10万円強の買取相場となります。海外での評価は高いメーカーなので、買取は意外と高値を期待できるメーカーです。次に、どんなジャンルのサウンドにも馴染みやすいイオのサックスは、ソロで演奏する人に人気のあるメーカーなので、買取相場は比較的高く約8万円から約10万円強の間です。もう1つのジャンルを選ばないサックスを販売しているメーカーとして知られているシャトーのサックスは、約4万円から約10万円が買取価格の相場になります。ただ、人気のBZモデルのサックスになると高値での買取がかなり期待できます。

査定額を上げる方法

女性

サックスの買取サービスを利用する際に気になるのが査定額です。サックスは業者によって買取価格が異なる場合があり、サックスそのものの状態によっても査定額に違いが出るのです。サックスを売る場合、少しでも高い価格で買取してもらいたいというのが一般的な心情ではないでしょうか。上手に買取してもらうためにも、サックスの査定額を上げる方法について知っておきましょう。基本的にサックス査定の対象は、本体だけでなく付属品も含まれます。そのため、専用ケースや取扱説明書や保証書などの付属品も一緒に買取業者に持って行くことが大事です。買った時の状態のまま何も欠けることなく揃っていることが査定額アップの条件となります。もちろん、サックスそのものの状態が良いことも必要です。買取業者に持ち込む前に、磨いたり調整しておくと査定額に良い影響を与えます。次に、業者間の査定額の違いを利用する方法についての確認が大切です。これは、複数の買取業者に無料の買取査定を依頼してそれぞれを比較するという方法です。比較して一番安い所を選んだり、他の業者の査定額を提示して査定額アップの交渉をすることで希望の価格でサックスを売ることができるようになります。買取業者を探す際には、楽器専門の所に限定した方が安心です。あまり楽器に詳しくない買取業者を選んでしまうと、サックスの価値がわからないことで安過ぎる査定額が提示されてしまう可能性が高くなります。楽器専門の買取業者で、かつサックスに詳しい業者を探すようにしましょう。

楽器の売却方法

お金

サックスは中古品としても需要が高いですし、状態が良ければ高額買取も期待できます。サックスを扱っている買取業者に査定を依頼して、査定額に合意すればそのまま買取が成立します。高値で売却したいのならば、複数の業者に査定を依頼してみましょう。店頭で査定を行っている業者が自宅の近くにあるならば足を運んでみるのも良いかもしれません。買取を行っている店舗がなければインターネットを利用して申し込みをしてみましょう。サックス買取専門の業者もありますし、最近では自宅まで出張しにきてくれてその場で現物を見ながら査定を行ってくれるサービスも実施されています。もちろん業者によっては査定基準が異なりますので、同じものを査定してもらっても金額に差が出てきます。業者が抱えている在庫も影響してきます。需要があるブランドのサックスであれば高値で取引されることもありますが、業者が在庫をたくさん抱えている場合は値が下がります。リサイクルショップなどでも楽器を扱っているショップもありますが、できれば楽器専門業者へ査定を依頼したほうが適切な金額で売却ができます。価値のあるサックスでも査定する人が楽器分野に詳しくなければ低い査定額を付けることもありますので注意しましょう。店頭査定、出張査定のほかにも宅配査定を行っている業者もあります。また、基本的に査定は無料で行われるものですが、場合によっては料金が課せられることもありますから査定の申し込みの際に確認しておいたほうが安心です。